田舎暮らし

2012年7月 2日 (月)

皆作祭

Dscf7056昨日、庄の菅原神社で田植えが終了して秋の豊作を祈願する皆作祭がおこなわれました。

神社でいただいた「皆作祭について」と言う文を記載したいと思います。

Dscf7065「私達は五穀(こめ、むぎ、あわ、きび、まめの五種類の重要な穀物)や、野菜を基本的な食べ物として戴かなければ、この一生を過ごしてはいけません。進んだ現代文明の中で生活をする今日に会っても、私達の生活の基礎は昔と同様に、「農」にあることを忘れてはなりません。

Dscf7068さて、皆作祭は春の明るい太陽や水の恵みを受けて、畑には野菜を根付け、水田には田植えが終わった頃に行う祭事です。

先ず、この地域を守護する氏神様に、春の農事が、つつがなく終わったことを報告し感謝いたします。そして、これからの作物が天災や病害虫などの災害を受けることなくゆたかに実りますように祈願します。そしてさらに、この地域の人々に安全な生活が保たれ、その家々が子孫の末々まで長く続きますよう祈願いたします。皆作祭では、このようなことを祝詞として大神に奏上いたします。」

昨日の末社祭のように、現代人は何か大切なものを忘れているような気がします。







| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

末社祭

Dscf7054今日地元のお宮、庄菅原神社で皆作祭と末社祭が行われました。

末社祭は昔の庄村にあった小さな社を集めて神社内に祭り、年に一回祭典を行います。

Dscf7058祠の横には天保十五年という文字が刻まれています。

天保十五年といえば西暦1844年だそうで、天保の大飢饉があり、大塩平八郎の乱などもあり、世の中が混乱していた時代のようです。

Dscf7062どうか混乱を沈めてもらうように神に祈願したのではないかと思います。

今からたった168年前こんなことがあって、今の世の中もこんなになった、168年後の人は今の世の中をどう思うのでしょう。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

スランプ

Dscf6829ブログを書くことは沢山あるのにこんなこと書いて面白いだろうかとか考えて書くのをためらったり、スランプのようです。

2月20日に植えたオリジナルのトルコキキョウもだいぶ成長してきました。

Dscf6833しかし、こんなことを書いても関心のある人は少ないだろうと考えたり、花が咲いた時に書けば多くの人も分かるだろうと考えたり。

山羊のことに関してもそうです。

Dscf6826ナンやシャンティー、サーヤの子山羊も順調に成育して大きくなりました。

自分としては山羊と接して楽しいのですが、特に変わったことがなければ珍しくもない様に思えたり。

Dscf6827ブログを始めて4年近くが過ぎれば毎年おんなじことを書いてるようでなんとなくマンネリ化を感じたりします。

ヤギや花などを含めて農業のことや自然の素晴らしさ、田舎のことなどを理解してもらうために始めたブログです。

Dscf6824もう一度初心に返り、少しあくが強くなっても自分の意見をもう少し強く発信していきたいと思います。

世界も日本も大変そうですが、農業が大変なので田舎も大変です。

経済的なことだけに重点をおかずに、他の方向にも視野を広げ、価値観を変える生き方をしないとこれから大変だと思います。

そんなことも含めてこれからまた頑張ってブログを続けていきますので今後ともよろしくお願いします。













| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

家庭菜園の目玉商品

Dscf6789今日家庭菜園に今年の目玉商品を定植しました。

その目玉商品とは、エンッアイとツルムラサキです、知ってる人は知っているがあまりなじみのない野菜だろうと思います。

Dscf6792もちろん私もバングラデシュに住むまでは知りませんでした、青年海外協力隊員として二年半生活したときにそのすごさをしりました。

野菜隊員として活動したのですが、高温多湿の過酷な気象条件の雨季には日本でポピュラーな野菜は育ちません。

Dscf6794そんな過酷な気象条件の中でもでもエンッアイやツルムラサキは元気に育ちます。

東南アジアや華南の人たちは、その熱い時にエンッアイやツルムラサキを油いためなどして良く食べていました。

Dscf6796あんな暑い中彼らは何でバテないで活動できるか不思議でした。

他の原因もあるでしょうが、良く調べるとエンッアイやツルムラサキは非常に栄養価が高い野菜だと知り、それも原因の一つではないかと思うようになりました。

年のせいで体もだいぶがたが来て、今年の夏は猛暑が予想されているらしく、今年の夏はエンッアイとツルムラサキをたくさん食べて乗り切りたいと思います。

その結果をまたブログでリポートしたいと思います。










| | コメント (1)

2012年4月 1日 (日)

桜開花

Dscf6495昨日桜が開花しました。

梅がやっと3月に咲いたのにもう桜が咲くなんて、やはり天候が変です、変化が急激過ぎます。

Dscf6490こんなに天候が急激に変化すると人間も体調に変化をきたすし、特に高齢者は大変だと思います。

動植物も大変だと思います、野菜や花の市況もどうなることやら、暴落が心配です。

Dscf6489なんでも極端なことや急激な変化は混乱を引き起こすでしょう。

今年の夏はものすごい猛暑になるのではないかと少し心配です、梅雨の雨もほどほどに降ればよいのですが豪雨や空梅雨では問題です。

自然は調和しようとしているだけなのですが人間の行動に問題があるのでしょう。

欲望もほどほどにしないと自然からの痛いしっぺ返しがあるでしょう、そうなってからでは遅いのです。







| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

じゃがいもの不起耕栽培

Dscf6441お彼岸も過ぎジャガイモを早く植えなければいけないのですが、天気の悪い日ばかり続いて畑のほうが乾かず耕起できません。

そこで、耕起せずにスコップで穴を開けてジャガイモを植えることにしました。

Dscf6450自然農法とかをする人たちは不起耕栽培などこだわりを持った方もいるようですが私は何のこだわりもありません。

天気が良ければちゃんと耕起して植えたほうが良いのですが仕方ありません。

Dscf6451どんなジャガイモが出来るか少し心配ですがこれしか選択の余地はなく初めての経験です。

今年の冬の天気は色んな所に影響を与えていることだと思います。

その結果が現れるのが心配です、どうなるのでしょうか。







| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

遅い春

Dscf6358春一番がふき、やっとわが家の梅も咲きました。

たぶん今まで半世紀を過ぎた私の記憶の中では一番遅い開花だと思います。
Dscf6364梅が咲いたらしだれ梅やさくらんぼの花も咲きだしました、北国の春のようでもうすぐソメイヨシノも咲き出すかもしれません。

急に暖かくなるので植物や動物、人間も大変です。

Dscf6368今まで生育が遅れていた花や野菜が一斉に急速に生育して収穫が間に合わずに廃棄する事になるのではと心配しています。

やはり気候が変なのです、異常気象なのです、地球温暖化なのです。

二酸化炭素の排出量を抑えなければと言っていた人たちはどうしているのでしょうか、マスコミは何で報道しないのでしょうか、お金にならないから、自分たちの利益にならないから。

大雨による洪水、台風、旱魃による食糧不足などなど、そうなったらまた騒ぎ出すのでしょうか。

状況によってころころ変わる当てにならない人たちが多くなると世の中はます混乱しそうです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

ぼやき

Dscf6322今日は3月10日、梅の花が咲きません、空はどんより寒い風が吹きます。

今年の天気はどうなっているのか?

Dscf6318もちろん、花の需要期に出荷しようと作付けたストックも花が咲きません、春出しを狙っていたトルコキキョウも低温と極端な低日照量のため生育が進みません。

Dscf6321計画が大幅に狂っています、これから先どうなるのでしょうか?誰か教えてください。

北海道の花の産地月形町は大雪で雪が解けないためにハウスにビニールをかけられないため夏出しや秋出しの花に影響が出そうだとか、どこも大変そうです。

地球温暖化の影響なのか、地球温暖化の原因である二酸化炭素ですが電力不足のためどんどん排出しています。

鳩山さん国連での演説はどうなったのですか、マスコミの皆さん記事にしなくて良いのですか。

場当たり主義かもしれませんが地球環境はだんだん悪くなる一方です。

贅沢な生活を考え直さなければ大変なことになりそうです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

なごり雪?

Dscf6279今日朝起きてびっくり、雪が積もっていました。

春先のべた雪で電線や木などに着雪し、竹などが倒され道路がふさがれたりしていました。

Dscf6284昼ごろには道路の雪も完全に溶け暖かくなりやはり春の雪です。

今日で二月も終わり、春が近づいてきていることを感じます。

Dscf6287なごり雪が伊勢昭三さんの造語とは知りませんでした、若いときよく聞いた曲で、春の卒業や就職、入学などの移動の別れのつらさを思い出します。

伝統的に日本は春が卒業や入学、入社などの年度の始まる季節で桜の花がイメージされます、農耕民族の日本では稲作の開始もこの時期からです。

そんな中、東京大学が秋入学に変更するそうです、理由は海外の優秀な留学生が入学しやすいためだとか。

家電や半導体など日本の産業が衰退していると言うニュースが流されていますが、衰退するはずです。

だめになるはずです、日本の最高学府の教授たちがそんな安直な事しか考えることが出来ないのなら。

日本は職人の国です、職人は師匠から厳しく基礎から教育されて、厳しい修行に耐え経験を積んで一人前になる。

そして困難な仕事が持ち込まれたら今までの経験と智慧を働かせ仕事を完成させる。

銭金ではなく職人としての誇りと、仕事を完成させる達成感による喜びを求めて働くのだと思います。

その職人魂が技術立国日本を築き上げたのだと思います。

安直ではなく、苦労に苦労を重ね完成させる、厳しい冬を耐え春に花を咲かせる桜の花のように、それが日本文化であり日本の伝統なのだと思います。

迷ったときは基本に返る、そうしないと本当に日本はだめになるでしょう。







| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

新年明けましておめでとうございます

Dscf5879新年明けましておめでとうございます。

昨年は御覧いただきありがとうございます、今年もよろしくお願いします。

Dscf5887大晦日と元旦はまあまあ良いお天気に恵まれ、山羊さんたちもシャンティー牧場で遊んでいました。

今年の春はベビーラッシュのようで、四月の上旬から五月の上旬まで忙しそうです。

Dscf5884山羊は有用な家畜ですが、今の世の中のような経済原理だけ考え強欲に目の眩んだ狂気の世界では無視されて絶滅危惧家畜とみなされています。

Dscf5890昨年から続くユーロ危機に見られるように資本主義経済も曲がり角に来ているようです、自然から収奪する経済から自然と調和して互恵の関係の経済に変わらなければ更なる危機が来るかもしれません。

Dscf5882自然と調和した互恵の世界に変わればそのときは山羊さんたちの活躍する時代になるでしょう。

その時に活躍できるような山羊の育成を夢見て今年も力まず頑張りたいと思います。

今年も田舎から色んな事を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。















| | コメント (2)

より以前の記事一覧