« 花の慰霊祭 | トップページ

2013年4月24日 (水)

トルコキキョウとイカ漁

Dscf8116春出荷のトルコキキョウがだんだん開花してきました。

以前はトルコキキョウを春に出荷するためにはハウスの室温を18度にしなければいけないといわれていました。

しかし、この作型はあまり油は燃やしていません、また燃やしても油が高騰しているので採算が合いません。

Dscf8119わりと低温管理で今頃何で出荷できるのかと言うと、それは俗にいう技術革新です。

色々なトルコキキョウの生産者が試行錯誤を繰り返し、多くの失敗を重ね、情報交換をして栽培技術の改良を行った結果で、国や県などの試験場が開発した技術ではありません。

重油高騰による苦境からやむにやまれず生まれた技術だと思います、どうにかしないと生活できないという逆境からです。

国や県を頼ってもしかたがないのです、甘えずに火事場の馬鹿力が出るように頑張るしかないと思います。

トルコキキョウはまだ本格的に栽培されだして歴史が浅くまだ生理生態が解明されていません、だからまだまだ多くの可能性を秘めた花です。

このまま重油高騰が続けばバラを追い越すかもしれません、そんな可能性を秘めた花なのです。

しかし、誰でも簡単に作れる花ではなく、技術力がないと作れない花でもあります。

円安は暖房用の燃料をあまり使わなければ、輸入の花が減少して国産の花の需要が増えれば花生産者にとっては歓迎されるのではないかと思います。

マスコミは円安が悪いことのように騒いでいますが、イカ漁も重油が高騰したから休漁したのではなくイカの販売価格が低迷していることが本当の原因だと思います。

花もそうですが、花の価格が高ければ高い重油を燃やしてでも生産します、イカ漁師もイカの値段が高ければ操業すると思います。

マスコミに惑わされないようにして正確な情報を集め、自分たちで協力して乗り越えないといけない時代のようです。




|

« 花の慰霊祭 | トップページ

トルコキキョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181211/51359186

この記事へのトラックバック一覧です: トルコキキョウとイカ漁:

« 花の慰霊祭 | トップページ