« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年1月

2013年1月 5日 (土)

初セリ

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。

昨日福岡花市場で初ゼリがあり、本年も花業界がスタートしました。

Dscf7605原組合長が挨拶の中で、母の日のカーネーションの価格の低迷など不振が目立ち、気候の影響による生育の遅れによる12月の供給不足など昨年の花卉業界には厳しい年だったようです。

Dscf7606年末商戦も天候の影響で大型店などは好調でしたが、中小は苦戦した模様です。

前売り販売などセリの形態の変化や、中小市場の閉鎖などで流通形態が変化して、生産者にしても小売にしても中小の業者が大変そうです。

Dscf7603時代の流れに即した生産販売をしていかなければならないのでしょうが、コストダウンのために画一的な商品の大量生産を行えば、造花も生花も変わらないようになるのではないかと危惧します。

生花の魅力は、色々と個性的な花があり、人々に感動と安らぎを与えることだと思います。本来の目的を忘れ利益優先の経済至上主義に走れば花業界の未来は暗いものになるのではないでしょうか。

もう一度、生花の社会に果たす役割を見直していかなければいけないのではないかと思いました。







| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »