« 山羊たちの移籍 | トップページ | 講習会 »

2012年6月12日 (火)

山羊についてその3

Dscf6899山羊についての続きですが、何で山羊とエネルギー問題が関係あるのかと言いますと。

皆さんが口にしている農産品、特に畜産物は輸入の安価な穀物を大量に使用して生産されているのです。

Dscf6893消費者はとにかく価格の安い品目を喜ぶ、そのために流通業者は生産者に無理な価格を求める、そのためにはコストダウンのための合理化を行い機械化などを行い効率性を求める。

Dscf6892そのため品種改良も、乳牛は一日にどれだけ多くのお乳を出すかが改良目標でありそのためには栄養豊富な穀物を与えなければいけない。

草などを主体に酪農している農家は少ないと思います、今の乳価では正直経営できないのが現状だと思います。

養豚しかり、肉牛、養鶏もそうだと思います、農産品の価格が安すぎるのです。

食糧問題は農家の問題ではなく国民みんなの問題なのですが、原発と同じで事故が起こらなければ政府もマスコミ、政治家も国民も真剣に考えないようですが、この問題はまたの機会にします。

前にも書いたようにエネルギー問題は確実にきます、化石燃料をこれ以上使い続ければ地球温暖化で気象に異変が起こる、すでに豪雪や竜巻、気温の変化の激しさなどなど、日本だけでなく世界的に大変なようです。

しかしこのままの状態で化石燃料を使い続けるとまだまだ激しくなるようです。

原子力も問題があるし、セェールガスやメタンハイドレードなども問題があります。

確実にエネルギーが大量に消費できない時代が近づいてきています、戦争が起きればすぐだし、平和な状況が続いたとしても50年とか100年とかそんなに長くはないでしょう。

そんな状況でエネルギーを大量に使い安価な穀物を生産することは困難になり、農業特に畜産のスタイルも変わらざるを得ないと思います。

山羊が何で良いのかと言うと、山羊はエネルギーは生産しませんが、次に来る時代に必需な家畜なのです。

次の時代とはどのような時代か、その時代で山羊がどのように活躍するのか、長くなったので次回にします。









|

« 山羊たちの移籍 | トップページ | 講習会 »

ヤギ」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。卵は優等生なんて言われてますが、何十年も前から値段が変わっていないなんてありえません。安すぎます。僕もどうにもならない時が来ると思っています。なので今から対応出来る準備をしなくてはと思っています。

投稿: 岡田 昌 | 2012年6月15日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181211/45628519

この記事へのトラックバック一覧です: 山羊についてその3:

« 山羊たちの移籍 | トップページ | 講習会 »