« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

お知らせ

Dscf7046近頃の記事は、私の主観が強くにじみ出た思想的な記事が多くなり違和感を持つ方も多くいるのではないかと危惧しています。

「てんぐの花便り」というブログを始めた動機とだいぶずれてきたようです。

Dscf7047花の記事よりも山羊の記事が増えたりして少し自分なりにおかしいなと感じてきていました。

そこで、山羊のことや自分なりに感じる農業やその他の意見や思想などを自由に書けるブログを開設することにしました。

Dscf7048ブログ名は「シャンティー牧場便り」(http://blog.livedoor.jp/shyanty/)です。

「てんぐの花便り」は今まで通り花の記事や田舎の生活を主に書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。

もしよろしければ、山羊好きの少し変わった農民の主張も「シャンティー牧場便り」を時どきのぞいてみてください、よろしくお願いします。







| | コメント (1)

2012年6月24日 (日)

山羊についてその4

Dscf7030前回の続きですが、これからどのような時代になるのかですが。

大量生産大量消費の時代は終わると言うことです、自然からの無差別な収奪と無節操な浪費の時代は続かないと言うことです。

Dscf7032いくら頭の良い?学者や政治化が考えても自然の法則、宇宙の法則からして続かないのです。

もし無理に続けようとすればするほど反動が大きくなるだけなのです、自然は何時も調和しようと動いています、自然を観察すれば分かることなのですが都市に住む人には理解できないかもしれませんが。

Dscf7033これからは循環の時代に戻らなければいけない、それしか方法がないのです。

インドのマハトマ・ガンジーが「大地はひとりの必要を満たすだけのものは与えてくれるが、貪欲は満たしてくれない」と言っているそうですが、含蓄のある言葉でその通りだと思います。

世界中の人たちが日本人みたいに物質的に豊かな生活は出来ないのです、日本人もだんだんと貧しくなるでしょう、貪欲と浪費の生活をやめない限り天変地変や異常気象、精神的荒廃による犯罪の増加などに悩まされだんだんと状況を悪くするだけです、人間は自然を支配できないし自然の法則を変えることは出来ないのです。

残された道は、農業を中心とした循環型の社会しかなく、その方向に徐々に転換していくことが被害を最小限に抑える道なのですが。
長くなりましたので今回はこれくらいにして、次回は循環型社会と人間の知能をはるかに超えた自然の驚異のメカニズムなど書きたいと思います。




| | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

ナンの移籍

Dscf6959わが家の雌山羊のナンが北九州のOさんの所に移籍しました。

Oさんは、メダカを通じて環境問題に造詣が深く環境にやさしい農業もやっている好青年です。

Dscf6964山羊を通じて環境問題を提起するために幼稚園での搾乳体験などを計画しているそうで、山羊の普及にもなり山羊に対する理解が深まればと思い、うちの山羊の中で一番搾乳がしやすく物おじしないナンを無償でレンタルすることにしました。

Dscf6962ナンは久しぶりの車での移動、都会を通り海を見るのも初めて、Oさん宅に着くとさすがに降りるのを嫌がりましたが、新築の小屋に入ると少し落ち着いたのか柿の葉を食べたり、外に出て草を食べたりしていました。

やはり少し寂しいものですが、ナンも新天地で可愛がってもらい山羊としての可能性が広がる新たな活動の場を与えられたことに感謝して、今後の活躍を見守りたいと思います。







| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

講習会

Dscf6931サカタのタネの高木さんをお招きして筑豊地域花き連絡協議会のトルコキキョウ研究会の講習会が行われました。

まづ、末継会長の挨拶の後、高木さんから「バイオエース使った土壌の太陽熱消毒法」の説明がありました。

Dscf6934連作障害の原因の説説明から、土壌消毒の必要性、バイオエースの菌の特性、その特性を上手く生かした太陽熱消毒の方法など、時々ユーモアある話を挟みながら講習が行われました。

Dscf6946特殊液肥を使った栽培法の講習では、こんな特殊な液肥があり、こんな効果があるとは驚きでした。

今回の講習会を参考に、実際に使用してみて効果を試してみたくなりました、どんな結果が出るか楽しみです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

山羊についてその3

Dscf6899山羊についての続きですが、何で山羊とエネルギー問題が関係あるのかと言いますと。

皆さんが口にしている農産品、特に畜産物は輸入の安価な穀物を大量に使用して生産されているのです。

Dscf6893消費者はとにかく価格の安い品目を喜ぶ、そのために流通業者は生産者に無理な価格を求める、そのためにはコストダウンのための合理化を行い機械化などを行い効率性を求める。

Dscf6892そのため品種改良も、乳牛は一日にどれだけ多くのお乳を出すかが改良目標でありそのためには栄養豊富な穀物を与えなければいけない。

草などを主体に酪農している農家は少ないと思います、今の乳価では正直経営できないのが現状だと思います。

養豚しかり、肉牛、養鶏もそうだと思います、農産品の価格が安すぎるのです。

食糧問題は農家の問題ではなく国民みんなの問題なのですが、原発と同じで事故が起こらなければ政府もマスコミ、政治家も国民も真剣に考えないようですが、この問題はまたの機会にします。

前にも書いたようにエネルギー問題は確実にきます、化石燃料をこれ以上使い続ければ地球温暖化で気象に異変が起こる、すでに豪雪や竜巻、気温の変化の激しさなどなど、日本だけでなく世界的に大変なようです。

しかしこのままの状態で化石燃料を使い続けるとまだまだ激しくなるようです。

原子力も問題があるし、セェールガスやメタンハイドレードなども問題があります。

確実にエネルギーが大量に消費できない時代が近づいてきています、戦争が起きればすぐだし、平和な状況が続いたとしても50年とか100年とかそんなに長くはないでしょう。

そんな状況でエネルギーを大量に使い安価な穀物を生産することは困難になり、農業特に畜産のスタイルも変わらざるを得ないと思います。

山羊が何で良いのかと言うと、山羊はエネルギーは生産しませんが、次に来る時代に必需な家畜なのです。

次の時代とはどのような時代か、その時代で山羊がどのように活躍するのか、長くなったので次回にします。









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

山羊たちの移籍

Dscf6926今日、山羊のシャンティーとサカ、ミドリ、トラがミク二建設(http://www.mikunikensetsu.co.jp/index.php)に移籍しました。

ミクに建設は山羊を使った除草など山羊事業を行っている会社で、山羊の普及のために今後の活躍が期待できそうな会社です。

Dscf6925シャンティーたちも今後草刈部隊として活躍することでしょう。

シャンティーは何か硬いものでも食べて口内を怪我しているようで、獣医さんにも診察していただいたのですが、特に異常がないとのことでしたが少し気にかかります。

Dscf6927新天地への旅立ちを素直には喜べない複雑な心境ですが山羊飼いの宿命です、忘れるしかありません。

歌の文句ではありませんが、人生は別れと出会いの繰り返しなので、新たな出会いに期待したいものです。

人生はポジティブに生きたほうが得のようですが難しいようです。







| | コメント (1)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »